GTDツールをNozbeからTodoProに移行してみて思ったこと。一部追記あり | LifeToDraw

GTDツールをNozbeからTodoProに移行してみて思ったこと。一部追記あり

この度、GTDをやるツールとしてNozbeからTodoProへタスクを移行して運用してみました。

プロローグ
Appigo社のTodoは前にも使ってみたのですが、結局Nozbeが一番しっくりきたのでNozbeにて運用していました。

最近知ったのですが、Appigo社のTodoは現在二種類あり前からあるTodo(以下Todo)とTodoProに分かれているようです。

では何が違うのか

Todo
・iPhoneアプリMacアプリ共に有料(買いきり)
・同期先はMacAppとiCloudやToodledoなどWebサービス
・アップデートは未定

Todo Todo
価格: ¥450
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


TodoPro
・iPhone、Macアプリ共に無料(Macとの同期やSiriとの連携などは月額制)
・同期先はMacアプリ(同期は月額)とWeb版TodoPro(無料)*同期するには有料アカウントが必要なようです。
・これからアップデートしていく

Todo® Pro Todo® Pro
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


くわしくは本家Webサイトを参照
Remarkable Applications | Appigo

ここまでプロローグ

いままで散々Nozbeを推して来たのになんでTodoProにしたのか?

ただ単に使ってみたかったからw

きっかけはそうなのですが、条件がありました。
職場のメインがWindowsだからMacアプリが使えないのでWindowsで同期がとれることが最低条件でした。TodoProはWebアプリとして使えるので条件クリアです。Todoの方もToodledoでWeb同期できるのですが、Toodledoは画面がしっくりこないというか複雑で扱いが難しそうなので食わず嫌いをしています。

しかしTodoProのWeb画面はNozbeのようにシンプルでなじみやすいのです。Macアプリと同期するわけでは無いので十分に無料アカウントで運用していけると思います。

GTDツールはお金を払って利用して十分すぎるくらいに価値があると思っていますが、無料で使えることに越したことは無いわけです。貧乏人の言い訳として、僕のGTD運用方法がたまたま無料枠でも十分であったとうことです。

そこでTodoProの良いところいくつか

無料アカウントでもプロジェクト作り放題!

Nozbeでは無料アカウントだとプロジェクトは5個までと制限がありましたがTodoProは無制限につくれます。とてもうれしいサービスです。
*追記:試用期間が2週間あり同期できるのはその間だけでした。すみません。

Focusが非常に便利!

Focusボタンを押すと明日とか明後日のタスクのみ抽出してくれます。Nozbeでもカレンダー機能で表示できましたが、先のタスクまでずっと表示されてしまうのでごちゃごちゃしてしまうのです。
Focusに表示させるタスクはカスタムできるので自分好みの抽出ができます。

同期が速い!

アプリを起動させてからの同期がとても速いのでストレスなく確認ができます。

タスクの期日を変更するのが楽チン!

期日を決めているタスクでは、先送りしたりするのにそのタスクを長押しすればアクションメニューですぐに変更できます。

基本的な使い方はNozbeと変わりませんが、細かいカスタマイズが出来るという点ではTodoProがとても気に入っております。

しばらくはTodoProでGTDしていく予定です。

追記:Webとの同期はずっとできるものと勘違いしておりました。大変申し訳ありませんでした。無料アカウントでは試用期間が過ぎたら同期できません。

始めようGTD!!
Nozbe

TodoPro

Posted fromするぷろfor iPhone